facebook

飲食・小売業に特化した広島市内の会計・デザイン制作会社。開業・経営改善、会計業務から広告制作、業者紹介までトータルにサポート!!

ストーリー | ジャックとまめの木|広島市内の飲食店コンサルティング会社

story

私たちは、「ジャックとまめの木」のストリーを経営ビジョンに重ねました

童話「ジャックとまめの木」には
経営のヒントが
いっぱいです

story

牛と豆を交換するジャック

ジャックは、母とふたり暮らしで、貧しい生活を送っていました。
ある日、ジャックは母に言われ、ミルクのでなくなった牛を市場へ売りに行きました。
ジャックが牛を連れて歩いていると、不思議なおじいさんに出会います。
そのおじいさんに「地面にまくと、天まで高く伸びるふしぎなまめと交換しよう」と言われ、
ジャックは牛とまめを交換します。
うちへ帰るとお母さんはたいそう怒って、まめを投げ捨ててしまいました。

価値を見いだし、チャンスはすかさずつかみ取る!story
story

巨大なまめの木を登るジャック

翌朝起きると、まあ、びっくり。母親が放りなげたまめが、
おじいさんの言った通り、天まで届くほど大きなまめの木になっていました。
ジャックは登って、登って、とうとう雲の上にたどりつきました。
そして、そこにあったのは、大男の大きなお屋敷でした。

何かを得ようと思ったら、恐れることなく、何事にもチャレンジ!story
story

大男の正体を知るジャック

大男は、ジャックが幼い頃に、父を襲い殺した人食い野蛮人でした。
朝ごはんに子牛を何頭も食べるような大きな男で、
子どもをパンに挟んで食べのことが大好きでした。
大男は、ごはんを食べた後は、すぐに寝てしまいます。

食べて、寝てばかりの、ぐうたら生活ではなく、健康管理!story
story

大男のめんどりを持ち帰るジャック

ジャックは、大男が寝ている隙に彼の宝物である、
金のたまごを産むめんどりを抱えて逃げました。
家へ戻ったジャックは、金のたまごを産むめんどりのおかげで、お金に困らなくなりました。
しかし、時が経つとそのめんどりは、金のたまごを産まなくなりました。

価値あるものを手に入れることは大切だが、
人から盗んだものは、結局は使えない!story
story

大男のハープを持ち帰るジャック

ジャックは、他の宝物を探しに、再び大男の大きなお屋敷に行きました。
大男のそばにはひとりでに音楽をかなでるハープがありました。
大男が寝いている隙に、ジャックはハープを脇に抱え、
そのまま逃げ始めましたが、大男に気づかれ追いかけられてしまいます。

どんなときでもリスクヘッジは大切!story
story

無事に逃げおおせるジャック

まめの木をどんどん降りて行くジャックのあとを追って、大男もどんどん降りてきます。
先に地面に着いたジャックは斧をつかむと、まめの木をたたき切りました。
まめの木は完全に折れ、大男は地面にまっさかさま、
そのままつぶれて死んでしまいました。

強大な巨人に立ち向かう勇気を持つ!story
story

麦畑で真面目に働くジャック

本当の幸せは他人から奪ったものに頼らず、
額に汗を流して、自分の努力で掴むものだと気づいたジャックは、
その後、真面目に働き、母子ともども幸せに暮らしました。

一生懸命にこつこつと努力していくことが大切!story